スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.05.14 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

夏だからこそ〜





当然の事ではありますが・・・

暑いですね〜〜 

でも、その暑い夏を楽しもう♪と言う気持ちを持っていれば、

夏バテは避けられるのですって!?


目から、耳から、鼻から、口から、感触から・・・

五感を研ぎ澄ませば、

涼しく感じられる夏の楽しみは指折りありますが、

私が好きな夏ならではの物はこれ・・・






「水うちわ」・・・と言います^^

ちょっと透けているの、おわかりでしょうか?

ご存知ない方が多い事と思います。

何しろ、岐阜だけの伝統的なうちわなのです。





本当に偶然なのですが、私がこのブログを書いていたら、

「徹子の部屋」で、このうちわの製作者が出ておられたのです。

知らなかった制作過程も、色々知る事ができ、

そんなにも手間暇かかっていたと言う事に感動しました。

それで、このうちわの事、もっと好きになりました

見た目にも、とても涼しげで風流でしょ?


7/13〜8/1  新宿タカシマヤ11Fにて、紹介されるそうです。

ご興味がおありの方は是非足を運んでみてくださいね


・住井冨次郎商店

http://www.ccn.aitai.ne.jp/~gf-utiwa/



サラサラ流れる長良川に足をひたしたり・・・

養老の滝でしぶきを浴びるのもいいなぁ・・・

花火大会・・・盆踊り・・・

考えてみれば、夏は楽しい事が満載ですね^^

皆さま、よい夏をお過ごしください・・・^^


追伸:

こちらで扱っている水うちわは、水にひたしてから使っても大丈夫だそうです。
住井冨次郎商店だけで作られていると思っていたのは間違いでした(^_^;)
ごめんなさい。
      ↓

http://www.iedashikou.com/utiwa.html


取り扱い店舗(住井冨次郎商店の物ではありません)
      ↓

http://www.iedashikou.com/utiwa.html#uchiwa


案外、色んなお店で購入できるのですね。
・・・でも私は、小さくて古い昔ながらのお店で暑さと戦いながら
ほそぼそと作ってらっしゃる住井さんのお店&作品が好きだなぁ・・・

スポンサーサイト

  • 2019.05.14 Tuesday
  • -
  • 14:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
やほーーーーーーいっ
ねこさん、このうちわ チョーステキ
一目惚れです。なんて粋なんでせうか

むむぅ 夏を楽しむって、わたしゃ無理!
苦しいの一言につきます。。。とほほ^^v
  • river
  • 2011/07/12 3:36 PM
職人さんが作った団扇はしなりが良くて涼しいですね.

ニスが光っていて、華やかな感じ。
この形も涼しさの秘訣かもしれませね。
  • yokko
  • 2011/07/12 3:54 PM
素敵 素敵^^
岐阜県民になったくせに・・・知らなかったわ@@;
あら〜^^

これは ひとつほしいですね〜

夏は かき氷にすいかにビール・・・・と 食べものしか出てこない私って・・・・・^^;
素晴らしい日本の文化ですね☆

今若い人の間でも和物が流行っていて、高価なウチワも結構売れています〜!このウチワの存在をみんなに知って欲しい^^
  • sumo
  • 2011/07/14 6:47 AM
これ、以前お邪魔した時
岐阜の歴史博物館に展示してありました。
確か水にぬらして使う(気化熱で涼しくする)と聞いたような。。
いいな〜と思ったのですが
高価で諦めた思い出が。。

そうそう、私も見ました、徹子の部屋。
あれだけ手間隙かかるなら
あのお値段も仕方がないですよね。

それにしても涼しげでキレイです〜♪
★riverさんへ

私も一目ぼれでしたよ^^
3年前、思い切って買ったのでした。
もったいなくて、ほとんど観賞用です(^_^;)
猫が近づくと、さっさと片付けます。
普段使いのうちわは、どこぞの広告が入ってるやつだったりします(笑)

こうも暑いと楽しむってなかなか難しいかなぁ・・・?
いや、そこを何とか〜!?
  • baraneko
  • 2011/07/15 9:55 AM
★yokkoさんへ

一つ一つ全て手作業なので、年間500コしか作れないそうです(^_^;)
天然のニスを塗る事で紙が透ける事・・・その発見をうちわに使う事・・・昔の人の工夫が感じられて味わい深いものがあります。
他に丸い形のもありましたよ^^
絵柄は様々で楽しいです。
  • baraneko
  • 2011/07/15 10:07 AM
★あやさんへ

何しろ岐阜でも多分1件でしか作られていないのと、年に500個しか作られないのとで、あまり出回っておらず目に触れる機会が少ないのでしょうね(^_^;)

是非、岐阜市に来られたら足を向けてみてくださいね。
あの界隈はとても趣きがあって素敵ですし・・・(空襲から免れたらしいです)
十八楼の斜め前ですよ(*^^)v
  • baraneko
  • 2011/07/15 10:15 AM
★sumoさんへ

この間名古屋の骨董祭に出かけた時に、とてもお若いのに個性的な着物の着こなしで一目を引いていた女性を見かけて嬉しくなりました^^
浴衣の季節なので、更に気軽に和の世界が楽しめますよね。
若い人にも、こんなうちわを持って欲しいと私も思います(*^_^*)
  • baraneko
  • 2011/07/15 10:22 AM
★森のくまくまさんへ

くまくまさん、ご存知だったんですね〜^^
昔、水に濡らして使ったという話は聞きますが、作られた方は
「そう言う話もある。。。位に思っていてください。実際はそんな使い型をしたら、すぐに傷みが来てしまいます。」
と、おっしゃってましたよ。
現代のニスとは違い、昔ながらの天然ニスなので、耐水性はそんなによくないみたいです。

くまくまさんも「徹子の部屋」ご覧になったんですね^^
私も偶然見られて嬉しかったです。
昨日の朝、「めざましTV]でよく似たうちわを少し紹介していましたが、水にしっかりつけて使っていました。
おそらく、現代風に作られたコピー商品ではないかと思います。
東急ハンズとかで売られてる筈はないですから・・・(^_^;)
  • baraneko
  • 2011/07/15 10:33 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

本日のお月さま

気になる物、色々・・・

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode